加害者請求と被害者請求について

加害者請求と被害者請求

加害者請求と被害者請求について

 

 

自賠責保険とは、法律で自動車・バイクに強制的に加入が義務付けれている損害保険で、別名強制保険とも言われています。
自賠責保険は、被害者保護の為に設けられたもので、物損には適用されず、過失の程度に関わらず、ケガをした人が被害者となります。その為に、任意保険では被害者に過失があった場合は、過失相殺が行われますが、自賠責保険では過失相殺は行われませんので、必要最低限の補償を確保する為のもので、足りない部分は任意保険に請求することになります。

 

 

自賠責保険の場合は、加害者か被害者かによって請求方法の呼び名が変わります。
加害者請求とは、加害者が被害者が支払った賠償金の額を限度に、自賠責保険の会社に請求する請求方法です。

 

 

一方、被害者請求とは被害者自らが、加害者からの十分な賠償を受けることが出来ない場合に、最低限の賠償を限度に被害者自らが行うことが出来るのです。

 
特に、過失割合が、被害者が大きい場合に、任意保険が期待できない場合は、相手側の保険会社も十分に動いてくれない場合があります。
又、相手側保険会社より治療費の一括支払いを打ち切られてしまった場合、その後の治療費を相手側保険会社に相談することなく、自賠責保険に請求することや、後遺障害等級認定を求めることも出来ます。